学生 融資

MENU

学生でも借りれるのでしょうか?

学生時代って何かとお金がかかると思います。勉強するのにも教材などが必要ですし、友達との付き合いである交際費、生活費、旅行費等‥。

 

女性

大学生の時代だからこそ経験できることもたくさんありますから、出来る事ならばいろいろと経験しておいたほうがいいですよね。お金がかかったとしても。

 

そこで、お金を借りたい!って言うこともあるとは思いますが、学生といっても基本的に高校生は借りることが出来ません。アルバイトなどをしていたとしてもダメです。

 

基本的に大学生で20歳以上でアルバイトをしていて定期的な収入があるのならば借りることはできます。20歳以上でもアルバイトをしていないとダメなんですね。

 

まあ、アコムなんかは親の同意があれば20未満の大学生でも借りることが出来ますけどね。

 

ですので、アルバイトをしていないという方は、まずアルバイトを始めて定期収入を得るということが大事です。そもそも、アルバイトなどをしていて定期収入が無いと、返済していくこともできませんからね。

 

忙しいかとは思いますが、まずはアルバイトを初めて見て下さい。

 

すでに、アルバイトをしていて20歳以上だという方は、以下にお勧めできるローン会社を紹介しておきますね。

 

おすすめのカードローン

 

アコム

アコム
アコムはローン会社としてかなり人気の高い会社です。20歳以上でアルバイトをしていれば、審査のうえ利用することが出来ますし、未成年者の方でも親権者の同意書があれば審査にもよりますが利用できる可能性があります。
また、このアコムは非常に素早い対応をしてくれて、申し込んだその日のうちにいつも使っている銀行口座に現金を振り込んでもらうことが可能なのです。
≫アコムの申し込みはこちら

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは銀行の中では珍しく学生でも融資を受けることができるようになっています。みずほ銀行は誰もが知っている超大手銀行ですので、安心感もあって利用しやすいですね。
あと、月々の返済額が少額に設定されているので、アルバイト代の中からやりくりしながら、無理することなく返済していくことが出来るかと思います。無理なく返済というのは非常に重要ですからね。
≫みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら

 

プロミス

プロミス
プロミスは無料で登録できるプロミスポイントサービスに申し込めば、30日間無利息で利用することが出来ます。30日間は利息が0円ですからかなりお得だといえると思います。
また、プロミスはいろいろと便利なサービスが豊富なのも特徴ですね。
≫プロミスの申し込みはこちら

 

モビット

モビット
モビットはWEB完結申込といって、電話連絡なし、郵送物なしでWEB上ですべてが完結してしまう申し込み方法があります。ただ、利用するには、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている方に限ります。
口座を持っている方は本当に便利な申し込み方法だと思いますので利用するといいですよ。
≫モビットの申し込みはこちら

 

融資を利用した失敗経験談

 

私の20代半ばまでの話しですが、職人をしていたので毎月、30万円くらいの収入があったにもかかわらず月末までには、すべてきれいに使い果たしていました。

 

あの頃は、友達がたくさんいました。飲んで遊んで、友達が友達を呼んで知らない間にたくさんできたのはうれしかったのですが、付き合いに忙しい毎日に、疲れていたと思います。

 

でも、遊びに行って「お金がないからできない」とは言えない体裁がありました。

 

今考えると、そんな無理してまで遊ぶことはなかったと思うのですが、あの頃はそうすることが、今しかできないことと思っていたからです。

 

カードキャッシングをしたのは、たまたま夜中にコンビニのATMでお金をおろそうとしたのに、銀行のキャッシュカードが使用できなかったのがきっかけでした。

 

ためしに、クレジットカードを入れてみると、キャッシングはできて、1万円が簡単にでてました。とても変な感覚でした。ボタンを押すだけで、現金がでてくるのですから。
それから、お金が底をつきると、気軽にキャッシングする癖がつき、翌々月の請求額がだんだん増えていきました。収入は増えていないのに、使う額は膨れていき、なおかつ毎月カード代金も返済する生活に陥ると、返済がおいつかなくなり、返済の為のキャッシングをするようになりました。

 

気がついた時には、毎月の給料の3分の1は、返済になっていました。なんの為に働いているかわからなくなりとても苦しかったのを覚えています。

 

私がこんなことばっかりしていてはダメだと気がついたときは、消費者金融に出向いて、職場の名前と住所を記載する瞬間でした。親方の名前を勝手に書くことができなかったのです。

 

その時から、自分にみあった遊び方に変えていきました。背伸びして遊んでいても、面白くないことにも気が付き、本当によかったと思っています。